大会の特徴

無人島を巡るコース設定。

世久見海水浴場前には地元漁師村を見守るかのようにどっしりとかまえる無人島の烏辺島(うべじま)があります。古来からこの無人島には龍が眠っていると伝えられており、地元漁師からは大切にされてきた島です。この無人島を巡る3.8kmコースと、無人島から海水浴場までの片道1.3kmコースを設定いたしました。無人島をキーワードに行われるオープンウォータースイミングイベントは国内でも珍しく、多くのスイマーに新たな目的・達成感を味わっていただけることと考えています。

透明度抜群!条件が良ければコース全部で海底が見える!

日本海・若狭湾は透明度が高く、多くの海水浴客に驚きと感動を与えていますが、今回のコースももちろん透明度抜群の海を泳いでいただきます。条件が良ければコース上すべてで海底までの視界が確保できます。砂浜からはじまり、ゴツゴツした岩場を楽しんでいただくことはもちろんですが、海中を涼しげに泳ぐ魚たちの姿も楽しんでいただくことができ、自分も魚になったような錯覚を起こすかもしれません。そして一番の楽しみは無人島周辺。どのような海景色が待っているのか…どのような生物が待ってくれているのか……楽しみでなりません!魚辞典を開いて予習しておくとより一層楽しめるかもしれませんよ!

トライアスロン愛好家も満足の3.8km。

3.8kmのコースは「トライアスロン」でのスイムの距離を意識して設定してあります。トライアスロン愛好家の皆さんのスイム部分での力試しの場としてこのイベントを活用していただれば、とてもうれしく思います。また、そのような方々と交流させていただきながらイベント運営へのご意見ご提案をいただき、次回以降の参考にさせていただければありがたいと思っています。どうぞ、よりよい大会にするためにも、感じたことをお教えください!皆さんに満喫していただけるオープンウォータースイミングイベントをめざします!

地元漁師さんとのあたたかな交流も!

私たちのめざすイベント成功は、地元地域の活性化の一役を担うことも視野に入れています。この地域で行う意義をしっかり把握し、できる限り地元地域の方々と参加者との交流を大切にし、ほのぼのとした楽しいイベントにしたいと思っています。地元の漁師さんたちは、大会当日もライフセーバーの周りに漁船を配置し、競技中の皆さまを船から見守ってくれます。

地元の新鮮な魚介類をお楽しみください!

大会当日のゴール後に、地元の漁師さんが獲った「サザエ」「岩ガキ」等を味わっていただく予定です。また宿泊の際にも、地元であがった新鮮な活魚を堪能していただけると思います。海・漁師村にお越しいただいたなら、この日は一日「海産物」づくめ!大いに若狭の海の味を楽しんでください。今まで味わったことがなかった「美味しい」がこの若狭には存在します。ぜひ、地元漁師さんの男意気あふれる海の味をお楽しみください!

———
★ぜひ「安全に大会を行うために」もご確認ください。

© 若狭路オープンウォータースイミング All Rights Reserved.