今大会の注目ポイント

●団体種目(300×4名リレー)を新設!

今大会から団体競技として1.2km(300m×4名)のリレーコースを新設しました。浜からスタートし、1周300mに作られたコースを1人1周、陸上でタッチして次の泳者へつなぎます。合計4名で4周してゴールです。ガチで上位を目指すチームも、お仲間4人で楽しんで泳いでいただくチームも、大会の最後に「リレー」競技で大いに盛り上がりましょう!

団体種目(リレー)の年齢区分は4名の大会当日合計年齢になります。
・119歳以下 ・120歳~159歳 ・160歳~199歳 ・200歳以上
(若狭路オープンウォータースイミング競技規則 第3条 年齢区分について)

表彰は総合1~3位までを入賞とします。
総合入賞チーム以外で、各年齢区分別で1位のみ表彰します。
(若狭路オープンウォータースイミング競技規則 第14条 表彰について)

●ウェットスーツ着用OK!順位にも反映!

2016年より、体温の保温や日焼けによる疲労、藻やクラゲ等海洋生物から身を守るといった観点から、再度競技規則第6条の見直しをはかり、ウェットスーツの着用を可とすることとしました。タイム計測はもちろんのこと順位および表彰の対象となります。(第6条参照)
この見直しにより、幅広いレースウェアの選択が可能となります。OWSは大自然の中で行う競技となります。当日の天候や海の状況を見たうえで、ぜひレースウェアの選択をしてください。ウェットスーツ・ラッシュガード・ラバー水着・ロング水着・ゴーグル等準備していただき自己防衛をおこなっていただきますよう、よろしくお願いいたします。
なお、大会会場では水着やウェットスーツの販売はしておりません。あらかじめご自身で御準備ください。

若狭路オープンウォータースイミング競技規則」を必ず読んでご参加ください。
(若狭路OWS競技規則 第6条 水着等競技中の服装について)

●「ふるさと納税」でエントリーOK!

エントリー方法のひとつとして「ふるさと納税(福井県三方上中郡若狭町)」があります。関心のある方は一度ご検討ください。

「ふるさと納税」は、地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想として、2008年第1次安倍政権のときに創設された制度で、自治体への寄附金のことです。個人が2,000円を超える寄附を行ったときに住民税のおよそ2割程度が還付、控除されます。

「ふるさと納税」についての詳細や申し込みは「ふるさとチョイス」よりお願いいたします。
※自治体は「福井県三方上中郡若狭町」ですのでご注意ください。

●大会前日に練習会を開催!

練習会は大会前日の8月26日(土)に行います(大会当日には行いませんのでご注意ください)。特に初めてOWSに参加される方は、ぜひ練習会にご参加ください。

henkouten_075638

© 若狭路オープンウォータースイミング All Rights Reserved.