開催への想い

笑顔でハイタッチ

今年で5回目をむかえる『若狭路オープンウォータースイミング』。この若狭で盛大に開催できますことに際し、ご尽力いただきました地元住民のみなさま、参加者のみなさまに、関係者のみなさまに心より深くお礼申し上げます。

若狭にとって「海」は切っても切り離せないほど深い関係を持ち、現在の地元住民の生活・文化を育んだ母親のような存在です。その大切で有難い「海」を活用し、『今までに無い「喜び」「笑顔」「感動」を生み出そう!』そして、この開催を通じて『もう一度、海の大切さ・有難さ・尊さを再認識しよう!』と、オープンウォータースイミングイベントの開催をはじめて早くも5年が経とうとしています。過去4回の大会では、北は北海道・南は熊本県まで、総勢約1,500人の方々に若狭へお越しいただき、1,500人分の感動と笑顔をいただくことができました。このことは、お金には換算できない非常に価値のあることだと感じると共に、人の心と心の繋がり・思いやりが成し遂げた賜物だと強く感謝しています。『若狭路オープンウォータースイミング』にかかわっていただきました皆様、本当にありがとうございました。

5回目を迎える今回の大会から、新たな種目として「リレー競技」を加え、新たな感動・歓声が沸き上がることと思います。まだまだ未熟者の集団が主催する『若狭路オープンウォータースイミング』ですが、今後も一つ一つ成長・進化していくつもりです。どうか今後もよろしくお願いいたします。

(大会長 田辺一彦)

———
★ぜひ「安全に大会を行うために」もご確認ください。

© 若狭路オープンウォータースイミング All Rights Reserved.